DESIGNデザイン

景観美學

長崎市扇町、本原通り。
街と建物が調和する景観美学がある。

邸宅地として憧憬を集め続ける長崎市扇町エリア。
優雅に湾曲した並木道を進むと姿を現す、
2棟構成のレジデンス。
時を越え、長く慈しまれてきた街に溶け込みながら、
新しい景観美を創りだす外観デザイン。
美しく整備された通りから望む全景までも考慮し、
都心に凛とした存在感を際だたせる
ランドマークデザインを具現化しました。

ENTRANCE HALL
窓外の光と風景を採り込み、
静穏を愉しむ迎賓の空間。

ENTRANCE APPROACH
私邸の品格を奏で、
上質な日々への
期待を高める美しき構え。

建築美學

建物の美しさ、空間の親和性。
住まいに誇りを感じれることに
建築美學がある。

天井高3mの大空間が彩る、
私邸へのプロローグ。 

天井高3mのエントランスホールは、壁面から天井にかけて木目調の格子を大胆にあしらい、ホール奥には格調高いデザインウォールを採用。折り上げ天井を優雅に照らす間接照明やダウンライトなど、住まう人の誇りを満たすとともに訪れる人を丁寧にお迎えします。さらに、壁一面のガラスウォールから自然光を取り込み、窓外の風景とのつながりを意識させる空間に仕上げました。

陽だまりにくつろぎ、
緑景を堪能するガーデンテラス。 

樹々の緑に包まれ、帰宅前にオンからオフへ静かに心を整えたい時は、エントランスホールに隣接するガーデンテラスへ。美しい緑景が広がる伸びやかな空間が、木漏れ日の下のように心地よく、美しい時間を創出します。四季の彩りの中で、整然とコーディネートされたチェアにゆったりと座り、ゲストとの待ち合わせなど、豊かな時間を楽しんでいただけます。

敷地内の高低差を活かした
オリジナルな空間設計。 

3方向で道路に面し、高低差のある敷地の特性を活かし、歩みを進めるほどに変化を感じさせる建築デザインを計画。エントランスへ緩やかに繋がる本原通り側は、並木道の緑を取り込みながら、街の景観にも美しく調和する敷地計画をデザインしました。並木道の先にはアースカラーと黒のコントラストが美しい高級感あるアプローチが続き、私邸への期待を高めます。

NEXT ランドスケープ
double_arrow